カテゴリー別アーカイブ: ワールドカップ挑戦の歴史

因縁の地ドーハはザックジャパンの世界への序章の地となるだろう

2013年6月4日、ザックジャパンは埼玉スタジアムにてオーストラリア代表との一戦、1点ビハインドからの後半ロスタイム、本田の気合のPKで1-1に追いつき、ワールドカップ2014の出場を決めた。

そして、11日、『ドーハの悲劇』で知られる日本代表因縁の地から、ザックジャパンは世界に向けて動き出す。同日、ワールドカップ予選イラク戦がおこなわれる。

ワールドカップ1994アメリカ大会の出場を目指す日本代表は、勝てば初のワールドカップ出場が決まる状況で、2-1のまま後半ロスタイムを迎えていた。しかし、ワールドカップに手が届いたと誰もが信じていたその瞬間、イラクのショートコーナーからのヘディングが日本ゴールの左に吸い込まれた。
役割を果たし、ベンチで見守る中山が倒れこむ、三浦知良が、ラモスが、柱谷が、井原が、・・・選手の多くは力なくピッチに座り込んだ。反撃も許されない時間帯での失点、それは、全ての希望が打ち砕かれた瞬間だった。

ワールドカップが最も近づいた瞬間であり、遠くにあった瞬間でもあった。

この試合は、深夜帯にもかかわらずテレビ東京史上最高の48.1%の視聴率を記録したという。

日本サッカーのワールドカップへの真の挑戦は、この一戦の悔しさから始まっている。

先人達の思いを載せて、今、ザックジャパンの狙いは『世界で勝つ』ことに他ならない。それは、因縁の地ドーハから始まる。

続きを読む


ゴン中山、さよなら弾!

ゴン中山が贈る最後のクリスマスプレゼント弾

ユアテックスタジアム仙台

この作品はパブリックドメインとして著作権が放棄されています

慈善試合・チャリティーサッカー2012 JAPANスターズVS東北ドリームスは26日、ユアテックスタジアム仙台で行われた。震災復興を目的に、東北にゆかりのある選手による「東北ドリームス」と日本代表経験者らの「JAPANスターズ」が対戦。「JAPANスターズ」は今季限りで23年の現役生活を引退したFW中山雅史(45)が、後半45分にラストプレーをものにし、有終のゴールを決め5―2で勝利した。
この記事では、中山が残してくれた足跡と魅力ある人柄を表現してみたい。

続きを読む


ザックジャパンの先人達の戦い

ザックジャパンに至るまでの日本代表には挫折と栄光の歴史がある。この記事では、日本代表とワールドカップに関わる出来事を見るとともに、私達日本人にもサッカーを愛する熱い気質があることを感じ取っていただけると嬉しい。

ドーハの悲劇

1994アメリカワールドカップの切符を99%手にしたと思われた後半ロスタイム、イラクのラストプレーに日本代表の全選手と全ての日本サポーターの時間が止まった。しかし、この悔しさをバネに日本代表の本当のワールドカップへのチャレンジが始まったんだと思う。
これが試合動画だ。深夜帯にもかかわらずテレビ東京史上最高の48.1%の視聴率を記録したという。

続きを読む