日本代表1-2コートジボアール代表

-------- 以下本文 --------

日本時間6月15日10時、ザックジャパンことサッカー日本代表は、2014ワールドカップの初戦となるグループリーグC組の初戦をコートジボアール代表とおこなった。

ザックジャパンは前半16分、左サイドから長友のパスを受けた本田が、ファーストタッチでヤヤ・トゥーレを振り切りシュート。これがゴール左上に決まり先制。この上ない好スタートかと思われた。

しかし、コートジボアールの身体能力に圧倒され守勢の時間帯が増えると、前半終了間際からザックジャパンの足が止まりだした。後半に入り、コートジボアールは満を持してドログバを投入すると、完全に試合を掌握。ザックジャパンは、2分の間に2得点を許すと、追撃もそのまま1-2で試合は終了した。

順位 チーム 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 点差
1 コロンビア 3 1 1 0 0 3 0 3
2 コートジボアール 3 1 1 0 0 2 1 1
3 日本 0 1 0 0 1 1 2 -1
4 ギリシャ 0 1 0 0 1 0 3 -3

グループリーグの第一節を終え、ザックジャパンは3位となっている。残るは、第二節のギリシャ戦と、最終節のコロンビア戦となるが、自力に近い形で決勝トーナメントに進むには、その両方での勝利が必要だろう。他の結果に大きく助けられた場合には、一勝一分けでも可能だが、得失点差勝負となる公算が高く、大量得点での勝利を含む必要がある。


チームカラーを出し切った方が勝つ。当たり前だがそれが顕著に出た試合だった。

コートジボアールは、その身体能力を生かし、日本にパスサッカーを許さなかった。両サイドバックを非常に高い位置に置き、ジェルヴィーニョ、カルーのスピードやテクニックを最大限に生かしながらサイドから日本のディフェンスを崩していった。一方のザックジャパンは、ジェルヴィーニョ、カルーの対応に香川、岡崎までもが回らなくではならなくなり、それが結果としてザックジャパンの攻撃の形を作れずに終わるだけでなく、守勢の時間帯が増えることは、チーム全体が疲弊するのを早めることに繋がった。主将の長谷部が、『自分たちのゲームができなかった』と試合を振り返ったが、香川、岡崎がシュート0というのは、まさに長谷部の言葉を数値で裏付けている。

ザックジャパンは、ワールドカップのために4年の年月をかけて準備してきている。その選手達がワールドカップで全力を尽くさない訳がない。結果が、内容がどうあれ、選手達は称えたい。それ以上にコートジボアールの戦術や選手達の速さ強さを称賛すべきだろう。

次は、ギリシャ戦だ。私も長谷部の言葉には同感だ。意気消沈する気持ちを察するに余りあるが、きっぱり気持ちを切り替え、今度こそ『ザックジャパンらしい』パスサッカーを、そして勝利して欲しい。


楽しいサッカーブログがいっぱい!⇒人気ブログランキング またはにほんブログ村 日本代表

-------- 以上本文 --------
投票参加型コンテンツ
あなたの投票でザックジャパンのベストフォーメーションを決める:ザックジャパン総選挙
FIFAワールドカップ2014のザックジャパンの成績は?
本田の移籍先はどこだと思いますか?
あなたが期待している若手は?

---スポンサーリンク---

---スポンサーリンク---


コメントを残す